株は子供たちが学校での食料自給率により原油は下がる

株は学校での食料自給率が高まると、原油の値段は下がります。安くたくさん消費できるようにしたくなるからです。子供たちは将来の大切な株です。子供たちがたくさん食事が食べれることにより、将来の食糧生産率の向上、GDP(国内総生産)の向上、出生率の向上、死亡率の低下が見込まれます。よく食べȈ、よく学び、よく運動する。が、学校教育の向上につながるのです。原油は国内での食料摂取率によって大きく変化します。子供たちが学校で食事をたくさん食べれるときは、原油が下落し、原油の大量生産、大量消費が見込まれます。学業の際、休憩時間中はなるべくお水を先生、生徒が摂取いただけると、学業の向上、学校内での事件、事故が減り、学校内や地域からの福祉への取り組みの向上が見込まれます。多くの会社の株への投資、就職率の向上も見込まれます。今後、国への税金を納める子供たちの納付金額も向上することでしょう。子供たちが水をたくさん飲むことができ、食事もたくさんお召し上がり頂けますと、お父さん、お母さんも安心して、食事が取れます。そして、お父さん、お母さんが安心して食事を食べて頂けますと、おじいさん、おばあさんも安心して食事をお召し上がりになることができ、良き循環が起きるのです。睡眠時間の向上も期待できます。医療、福祉での問題の低下も、期待できます。今後、より、国内での食料摂取率が増えることにより、さらなる海外との和平交渉の実現。世界各国との人種差別問題の撤廃。世界経済のよりよき循環が期待できます。全ての人が、より安く、よりたくさんの商品を生産、もしくは享受され、より良き社会を気づいていただけたらうれしいです。全ての人に水と食料を。