気をつけなければいけない株のルール

株式投資は個人投資家にとって身近な投資商品の一つであると言えます。銘柄によっては比較的少額の資金であっても投資を行うことが出来るため投資家の入り口で扱う商品としては非常に優れている仕組みと魅力を兼ね備えているものであると言えます。その様な魅力的な存在であるという特徴がありますが、最低限のルールについては頭に入れておくべきでしょう。そのことを理解しているかいないかでは大きな違いがあるのです。
まず株式は数ある投資商品の中では比較的安全であると言えるものです。しかし元本割れを起こす可能性は決して低くはありません。どの株式にも価値の下落の可能性がありますし、大きな不祥事が発生した場合には最悪のケースで会社がつぶれてしまい株式の価値が0になるという場合があります。そこまで行かなくても大きな資産の目減りにつながる可能性は低くないのです。そのことについてしっかりと理解しておくことが必要であると言えます。
また株式を購入する際には何らかの形で知っている企業の株式を購入するケースが少なくありません。しかし内部事情について知りえる立場の人間が株式の購入を行うということはインサイダー取引と言って禁止されていることですので注意しましょう。インサイダー取引であると認定されるとそれは犯罪に分類されることになります。そのため内部事情に詳しい関係者がいる場合に関連する株式の購入を行わないなどの注意が必要であると言えるでしょう。これらに関しては知らなかったでは済まされません。あくしsつであると認定されてしまうと大きな社会的なペナルティが課されることになりますので投資を始める前に最低限のルールは理解しておく様にしましょう。